太陽光発電を導入する目的は?適当に設置しても大丈夫?

  • 太陽光発電を導入する目的は?適当に設置しても大丈夫?

    2019年6月27日 By admin

    エコのためか節約のためか

    電気を得るにはそれなりのコストがかかり、火力発電所では石炭や石油などの燃料の他、設備の費用なども必要になります。太陽光発電の太陽光自体は無料で得られますが、設備はそれなりに費用がかかります。自宅の屋根などに設置をするに当たっては、何の目的で設置をするかを考えた方が良いでしょう。導入時の発電設備の費用やメンテナンス費用が将来発生するはずの電気料金よりも低いのであれば、家計を節約する目的が達成できそうです。一方導入コストの方が高いなら節約の目的は達成できず無駄な出費になってしまうでしょう。太陽光発電を導入する目的が節約でなくエコな取り組みに貢献したいところにあるなら、コストはかかってもより多く発電できる設備が良さそうです。

    事前に発電シミュレーションをする

    自宅に太陽光発電の設備を設置するとなると、屋根のどのあたりにどのメーカーの設備をどれくらいの大きさで設置するかなどを考える必要があります。最近は多くの家屋の屋根に設置されているのを見かけますが、適当に設置場所などが決められているわけではなく、設置前にいろいろな検証をしているはずです。太陽光発電はホームセンターなどで設備を購入して設置をするのではなく設置業者に依頼をして設置するケースが多く、設置までにいろいろな提案を受けるでしょう。その時にはどのパターンがどれくらい発電できるかなどをシミュレーションしてもらうようにしましょう。その地域の日照率や設置予定の家屋の周りの建物の状況などを加味して、最も効率よく発電できる設備を選ばなくてはいけません。

    太陽光発電の価格とは、新築及びリフォーム時に取り付ける太陽光発電システムの価格を指す言葉です。取り付ける大きさや家の状態によって価格は変わります。

To Top