どんなメリット・デメリットが?タイムレコーダーの導入

  • どんなメリット・デメリットが?タイムレコーダーの導入

    2019年6月28日 By admin

    タイムレコーダーとは

    出勤や退勤の管理を、タイムカードによって管理するための機械・設備のことです。勤怠管理システムのひとつであり、様々な企業で導入されています。

    タイムレコーダー導入のメリット

    タイムレコーダー導入のメリットは様々あります。出勤時間と退勤時間をタイムレコーダーを使って適切に把握することができるので、正確に勤務時間を管理することができるという点です。また、これによって管理した勤務時間により給与計算も、より簡単に行うことができます。一連の作業を連携して行うことができるので、計算間違いなども少なくなります。さらに、勤怠管理を正確に行うことによって、労働効率・業務効率が上がるというメリットもあります。

    タイムレコーダー導入のデメリット

    デメリットももちろんあります。ひとつは、導入した設備の種類によっては、ほかの人がタイムカードを打ち込んで不正をする可能性があるほか、連携がうまくいかないと給与計算などに膨大な時間を要する必要性があることです。設置場所に苦労する可能性もあります。また、導入においても問題が起こる可能性は大いにあります。タイムレコーダーにも様々な種類があり、職種や働き方に沿わない設備を導入すると、かえって勤怠管理が煩雑になる可能性があるほか、直接的に業務効率が向上するわけではないことから、導入を先送りにされる可能性も高いです。

    タイムレコーダー導入のポイント

    タイムレコーダーを導入する際には、3つの点に注意する必要があります。ひとつが自社の管理方法に適したシステムを導入するということです。また、導入・運営においてサポートシステムが充実し、ほかのサービスと連携していることを確かめることが必要となります。

    タイムレコーダーは、機械にカードを挿入し打刻することで、従業員の勤怠管理を正確に行うことができます。残業時間などを自動的に集計できるものや、ICカードや指紋認証により管理してくれるものもあります。

To Top